エクスマセミナーを受けていつも感じること

今年は何回セミナー受けているのだろう。

毎月触れることで自分自身の刺激にして

課題が出ているものを完成させたい

そう思って来た1年だった。

そして今回鹿児島まで来ている。


エクスマ的な話を聞くことは楽しい。

そこに来ている人たちと話すことも楽しい。

だけどそれを生かしてこそ、そこに参加する意味があると思っている。

そうすることで誰が喜ぶかというと

師匠 藤村正宏さんだと思っているから。

サポート講師たちもみんな喜んでくれるはず。

一緒に学んだ仲間も。


誰かが喜んでくれるからはもちろんなんだけど

まずは自分がそうしたいという気持ちが元になり、その上でそれを喜んでくれる人がいる。

だからどうしようか、それを悩んで7ヶ月。

やっと見えて来た。

見えて来て感じるのは

私の周りにいる方々は

本当にそのつながりを大切にしてくれている人たち。

そこへの私の思いをその人たちにちゃんとお伝えすること。

だからとっても小さいコミュニティだけど

伝えたいことは言葉にして伝えるようにして来た。

そうしたらあるときある人にこう言われたんだ。

「ゆかりさんのブログの文章変わったね」って。

何かが変化していることを周りの人も気づいてくれるようになった。


どんな技術があっても

自慢できるワークシートがあっても

そんなものはもっとすごい人がいるかもしれないし

人によって合うか合わないかもあるかもしれない。

そんなことじゃなくて、

私がどんな人でどうしたくて何をどのように考えているかの

「想い」に共感してくれる人

その人たちが今周りに増え始めた。

それはエクスマの教え「目の前にいる人を死ぬほど大事にする」

そこから生まれたもののような気がしている。


エクスマ塾から1年半

その上のエヴァンジェリストコースから7ヶ月

私の中に起きた変化は

目指していたものを強い情熱に変えたとともに緩やかになった。

よりしなやかに強く

そんな気がしています。


エクスマを伝えて行く人、エヴァンジェリストへの道。


追伸

鹿児島の夜は美味しいお肉たちに巡り会えました♪

自分との対話で「マインドデザイン®︎」

◆自分らしく幸せに生きるためのチカラを育てるお手伝いをする 心からの笑顔で毎日を暮らし、幸せを感じられる心おだやかな自分づくり。ストレスもケアします。そのための自分力を鍛えていく方法をお伝えしながら、互いを尊重し想い合える社会を目指しています。

0コメント

  • 1000 / 1000