誰かのために動くことで満たされる心

まずは目の前の人のために
この人がどうしたら喜ぶのかを真剣に考えて行動する。
結果喜ばれると、本当に嬉しいですよね。

この人の喜びが私の喜び。
これ、心の中では
「役に立ててよかった」
「喜んでもらえてメッチャ嬉しい😆」
「私の行動がこんなに喜んでもらえるんだぁ」
こんな気持ちが生まれているのは

自己効力感

が満たされた状態です。

私たちの真の喜びはここに尽きるといわれます。自分の成功よりも自分が関わったことで満たされるのが一番自己肯定しやすいのです。

でもね
目の前の人が喜ぶからと言っても
今日やらなければならないことがあり、それは大事だとわかっていても夜中にやればいいかなと自分との約束をないがしろにしていいってことじゃないのね。
友達に頼まれたことを優先すると、友達は喜ぶし周りも喜ぶ。
そこに行くと私も楽しいから自己効力感のためにやっちゃおうなんて考えでいると
心の中にブラックな部分がでてくるのよ。

私はこんなにやってあげてるのに
こんなに頑張ってるのに
のに、のに、のにって。
 
相手のことばかりに目を向けて
相手が喜ぶことを自己犠牲の元でやっているのはダメ。

まずは自分を満たしてあげてね。

自分を満たすために必要なことは
何をどうして行くのか
自分のご機嫌を自分でとってね。



 #マインドデザイン

自分との対話で「マインドデザイン®︎」

◆自分らしく幸せに生きるためのチカラを育てるお手伝いをする 心からの笑顔で毎日を暮らし、幸せを感じられる心おだやかな自分づくり。ストレスもケアします。そのための自分力を鍛えていく方法をお伝えしながら、互いを尊重し想い合える社会を目指しています。

0コメント

  • 1000 / 1000