失敗を失敗で終わらせないために

過去の経験の中で「失敗した〜」

ということがたくさんあります。

実はそんなこと人に言うことじゃないと隠してきたんです。数年前までは。


その失敗で自分を責めたり

関わる人を責めたりしてきた。。。


そんな自分が嫌で前向きに生きていきたいと思って学び始めました。

これも数々の失敗から自分を見たときに

「これじゃいけない!」って思ったから。


そして前向き思考、

ポジティブ、

褒めて育てる などなど 

いろんな勉強をしてきてわかったことがあります。

それは前向きになって確かに大事なことだと思うのだけど 

その前にすることがあるんだよね。 


前向き思考を作る方法だと

その失敗を「だめだめ前向きに考えなくちゃ!」と

もみ消すような心を持つことになって、

その中に 消せない嫌な思い出が残って

いつまでも忘れることもできないしトラウマになったりね、 

いろんな障害が出てくる。 


過去の失敗をその時の感情のまま持ち続けていたり

前向きになった風にしていても言えない心の中のネガティブな思いがあったり

そしてそんな2面性のある自分が苦しくなったり。。。


ポジティブな自分になるために、

「失敗」や「ネガティブ」を受け入れて、 

それを人に公開しちゃう

自己開示。

その上でどうしたらうまくいくかを自分と対話して考えることが大事。 


心を整え 自分を客観視する。 

ニュートラルに物事を捉える 

そしてどうしたいかを考えていく(進んでいく) 


ここまできて初めて前向きになっていくの。 

その順番を通り超えてしまった人の中には 「ポジティブの弊害」がある気がしてる。


失敗したっていいんじゃない?

にんげんだもの(あいだみつお風^^) 


そもそも 失敗した!と思う段階でやめちゃったら「失敗」だけど 

そこを超えて考え行動することで

それは「経験」となる。 

 そしてそこから前を向こう。 

そうやって受け取ってから前向きになれる人は 

心が強くしなやかで お互いを尊重できる関係になれるの。 


 そんな人が増えたらいいな。  

そう思って「マインドデザイン®︎コーチング」お伝えしています。


私の他にマインドデザイン協会所属の認定講師たちもそれをお伝えしています。 

興味がある方はこちらからお問い合わせくださいね。


自分との対話で「マインドデザイン®︎」

◆女性が自分らしく幸せに生きるためのチカラを育てるお手伝いをする 心からの笑顔で毎日を暮らし、幸せを感じられる心おだやかな自分づくり。ストレスもケアします。そのための自分力を鍛えていく方法をお伝えしながら、互いを尊重し想い合える社会を目指しています。

0コメント

  • 1000 / 1000