就職2年目のあなたへ

1年はあっという間に過ぎて

2年目

自分の後輩ができた感覚を

どう受け止めているのでしょうか。

 

真面目なあなたは

こんな先輩じゃダメだと

自分を叱咤し

1年間の経験を駆使して仕事に取り組んでいるのかもしれません。

1年間やってきたからもう大丈夫と

自分に優しく周りに迷惑かけながらも楽しくやっているかもしれません。


だけど2年目。

たかが2年目です。

できることも増えたかもしれないけど

社会人としてはまだまだ経験は少ない。

少ないけれども1年間は知っている。

両面から考えられる2年目です。

 

1年目にしかできない甘えと学びから

少しステージを上げて

2年目だからこそできることにフォーカスして

せっかくの社会人2年目を楽しみましょ。


大事なことは・・・

自分と丁寧に関わること

自分との対話を丁寧に。

どういうことかというと

自分を責めがちに厳しく仕事に取り組んでいる方は

少し自分に甘く考えること。

目の前に子どもがいるように

その子どもが自分かのように優しくね。

自分に甘く人に厳しい目をもつ人は

自分のように相手を見ること。

自分に置き換えてみること。



自分と丁寧に関わること=セルフコミュニケーション

ここをうまくやれるようにすると

必然的に仕事もうまくいく。

新入社員に目が行きがちな4月ですけれど、

就職2年目の味方です(笑)

相談があればホームページからお問い合わせくださいね。

自分との対話で「マインドデザイン®︎」

◆女性が自分らしく幸せに生きるためのチカラを育てるお手伝いをする 心からの笑顔で毎日を暮らし、幸せを感じられる心おだやかな自分づくり。ストレスもケアします。そのための自分力を鍛えていく方法をお伝えしながら、互いを尊重し想い合える社会を目指しています。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • 菅野ゆかり

    2019.05.02 02:06

    @cinnamon3511コメントありがとうございます。 新人ばかりに目がいくからこそ、2年目を大事にする。そんな気持ちが人を育てると同時に自分の心も育ててくれるのかと思っています。
  • cinnamon3511

    2019.04.12 15:30

    あぁ、確かに…。35年以上昔の自分が新入社員だった時の事を思い出すと、目まぐるしく過ぎた1年目。5月病っぽくなったのは2年目だったかもしれません。知識も経験も拙い2年生なのに新人ではなくなってしまう。やはり2年生も1年生と同じ位丁寧に扱ってあげないといけませんね。うん。